料理酒には、未成年が買えるものと買えないものがあります。

基本的に、日本料理における料理酒は日本酒(清酒)です。日本酒ですので14%前後のアルコールが含まれています。当然、そのままでは未成年が購入することはできないのですが、不可飲処置された清酒は酒類ではなく食品として扱われるようになります。

食品であれば、未成年であっても購入することができます。

スポンサーリンク

料理酒の分類とは?

料理酒の分類とは?

料理酒には、大きく2種類があります。

それが、酒類に分類されている「料理用清酒(無加塩料理酒)」と、食品に分類されている「料理用清酒(加塩料理酒)」であり、いずれの料理酒にも14%前後のアルコールが含まれています。

  • 酒類(嗜好品)
    • 特定名称酒(純米酒や本醸造酒など)
    • 非特定名称酒(普通酒)
    • 料理用清酒(無加塩料理酒)
  • 食品(調味料)
    • 料理用清酒(加塩料理酒)

もちろん、普通酒を料理酒として使うこともできます。

特定名称酒(純米酒や本醸造酒など)に関しては個性の強いものが多いために料理酒としては必ずしも良い結果になるとは限りません。良い結果になる場合もありますが、基本的にはおすすめしません。

補足説明

多くの料理教室やレシピ本などでは普通酒を料理酒として使うことを推奨しています。これは、安価な料理酒の多くが「醸造アルコールに醸造調味料を加えて作られている」ためです。もちろん、加塩料理酒の中にもおいしいものはあります。

料理酒が食品に分類される理由?

料理酒が食品に分類される理由?

料理酒には、食品に分類されるものがあります。

料理酒には14%前後のアルコールが含まれていますが、不可飲処置をすることにより食品として扱えるようになります。不可飲処置の多くは食塩添加であり、アルコールが含まれていても「飲めなければ酒類じゃないよね?」と判断されるわけです。

そのため、酒税がかからずに安価に購入することができますし、販売店にとっては酒類販売免許がなくても販売することができるということになります。

未成年や小さな商店にとっては都合の良い仕組みです。

外部URL:国税庁「第43条 みなし製造

補足説明

みりんも同じ仕組みになります。しかし、みりんには「本みりん」「発酵調味料」「みりん風調味料」の3種類があり、みりん風調味料は本みりんとはかけ離れたものになりますのでおすすめはしません。

加塩料理酒の注意点は?

加塩料理酒には注意が必要です。

料理酒を使うメリットには、「味がしみ込みやすくなる」「芳醇な香味が加わる」「食材の臭みを揮発させる」「料理の保存性を向上させる」などがあります。メリットの多くは、アルコールによるものです。

しかし、香味に関しては注意が必要です。

安価で販売されている加塩料理酒は、醸造アルコールに醸造調味料を加えて作られています。そのような料理酒に「清酒の芳醇な香味」を期待することはできませんので、風味の面で大きく劣る料理になってしまいます。

また、塩分の問題もあります。

多くのレシピは普通酒(もしくは無加塩料理酒)を使うものとして書かれています。加塩料理酒には2~3%の食塩が含まれていることからも、同じレシピで作ってしまうと塩辛い料理になってしまう恐れがあります。

多少の注意は必要です。

まとめ

料理酒を未成年が買える理由は?

料理酒には、酒類として扱われるものと食品として扱われるものがあります。前者は無加塩料理酒、後者は加塩料理酒です。食品として扱われている料理酒には不可飲処置として2~3%の食塩が添加されていますので、食品として扱えるようになっています。食品ですので、未成年であっても購入することができます。