【理屈で解説】鉄フライパンについて

牛刀と三徳包丁の使い分けは? 最初の包丁を選ぶポイントについて

牛刀の三徳包丁の使い分けは?

牛刀や三徳包丁は、はじめの一本におすすめです。

牛刀と三徳包丁は、どちらも汎用性の高い包丁です。三徳包丁は菜切り包丁と牛刀の長所を取り入れて作られた日本生まれの包丁です。そのため、本格的な調理というよりは効率的な家庭料理に適した包丁であるといえます。

このことからも、日常的な調理での扱いやすさを重視するのであれば”三徳包丁”がおすすめであり、本格的に調理を学んでいきたい(趣味にしていきたい)場合には”牛刀”がおすすめです。

牛刀と三徳包丁の違いは?

牛刀と三徳包丁の違いは?

牛刀と三徳包丁は、汎用性の高い包丁です。

牛刀は洋の万能包丁であり、三徳包丁は菜切り包丁(日本で古くから使われている野菜用の包丁)と牛刀の長所を取り入れて考案された万能包丁です。そのため、どちらを選んでも多くの調理をそつなくこなすことができます。

どちらが良いということはありません。

種類肉や魚など野菜など
牛刀
調理しやすい

多少使いにくい
三徳包丁
多少使いにくい

調理しやすい

牛刀は、先がとがっているために肉や魚を上手にさばけます。

しかし、幅が狭いために野菜を切るときの安心感は三徳包丁に劣ります。反対に、三徳包丁は幅があるために野菜を切るときの安心感はありますが、肉や魚を捌くなどの細かな作業は(牛刀と比べると)苦手としています。

どちらがおすすめかは、目指している調理スタイルにより異なります。

牛刀はどんな人におすすめ?

牛刀はどんな人におすすめ?

本格的な調理には牛刀をお勧めします。

牛刀は、洋の万能包丁です。三徳包丁よりも「刃渡りが長い」「幅が狭い」「切っ先がとがっている」などの特徴があり、本格的に調理(和洋折衷の日本料理)を学んでいきたい場合に選ばれることの多い包丁です。

家庭の台所であれば、刃渡り21~24cmほどがおすすめです。

一般的な包丁のそろえ方としては、「牛刀→出刃包丁→ペティーナイフ→……」のようになります。出刃を使わない(魚を捌かない)場合には「牛刀→ペティーナイフ→筋引き包丁(もしくは柳刃包丁)」などです。

通常の調理は、牛刀(とペティーナイフ)でそつなくこなせます。

MEMO
使いやすい包丁の長さは、まな板の大きさにより異なります。本格的な調理場であれば27cmくらいあった方が良い場合であっても、一般家庭の台所では21cm(長くても24cm)をおすすめします。これは、標準的なまな板の奥行きが21~24cm程度であることが多いためです。

三徳包丁はどんな人におすすめ?

三徳包丁はどんな人におすすめ?

家庭的な調理には三徳包丁をお勧めします。

三徳包丁は、牛刀と菜切り包丁の機能を兼ね備えています。牛刀よりも「刃渡りが短い」「幅が広い」「(牛刀ほどではないが)切っ先がとがっている」などの特徴があるため、三徳包丁1本で肉・魚・野菜を処理することができます。

刃渡りの短い包丁(16~18cmほど)ですので、台所が狭くても扱いやすいのが魅力です。

一般的な包丁のそろえ方としては、「三徳包丁→出刃包丁→柳刃包丁→……」のようになります。刃渡りが短いことからも、ペティーナイフの必要性は低くなります。しかし、刃渡りが短いからこそ、刺身をひくことが多い場合には柳刃が欲しくなります。

最低限の自炊であれば、三徳包丁1本で問題ありません。

【まとめ】牛刀の三徳の使い分けは?

牛刀と三徳包丁は、最初の1本として選ばれることの多い包丁です。牛刀は洋の万能包丁であり、三徳包丁は牛刀と菜切り包丁の“良いとこどり“のような包丁です。このことからも、本格的な調理を目指している場合には”牛刀“を選び、効率的な家庭料理を目指している場合には”三徳包丁“を選ぶのがセオリーとなります。両方持っている場合には、肉や魚には牛刀、野菜には三徳包丁のようにして使い分けることにより切れ味を長持ちさせることができます。

コメントを残す