冷蔵庫が乾燥する理由は? 食材を長持ちさせるコツについて

冷蔵庫が乾燥する理由は?

冷蔵庫は食材を乾燥させます。

そのために保存方法を間違えてしまうと食材はカラカラ(シワシワ)に乾いてしまいますし、ビニール袋に包まれている食材をそのまま冷蔵庫に保存してしまうと食材から抜け出た水分が原因となって腐敗しやすくなります。

しかし悪い面ばかりでもありません。食材が乾燥しやすい環境は塩辛や燻製を作る際に水分を抜くために利用されることがありますし、水没させてしまった電子機器が復活することもあります。

冷蔵庫が乾燥する理由は?

冷蔵庫は2つの理由により乾燥します。

それが、飽和水蒸気量が低下することにより相対湿度が高くなることと、水分子が移動することにより水分が食材から抜け出しやすくなるためです。冷蔵庫内の相対湿度が高くなると、余分な湿度は結露を防ぐために冷蔵庫外へと排出されます。

  • 飽和水蒸気量の低下
  • 温度差による水分子の移動

これらの仕組みにより、冷蔵庫に保存された食材は乾燥しやすくなります。

温度が下がると乾燥する仕組みは?

温度が下がると飽和水蒸気量が下がります。

湿度には“相対湿度(飽和水蒸気量あたりの水分量)”と“絶対湿度(空気重量あたりの水分量)”があり、一般的に湿度と呼ばれているのは相対湿度です。冷蔵庫は飽和水蒸気量が低くなりますので、結果として相対湿度は高くなります。

しかし、冷蔵庫は結露を防ぐために水分を排出してしまいますので、結果として冷蔵庫外以上に湿度が低くなることになります。

食材を乾燥させるには絶好の条件です。

温度差によって乾燥する仕組みは?

水分子は温度差により移動します。

食材を冷蔵庫に入れると、食材の水分子は(温度差により)温度の低い方へと移動します。通常の室温は20~25℃ですので、冷蔵庫に入れることにより食材の水分子は外側へと向かって移動することになります。

結果、冷蔵庫内の湿度が低いことも相まって食材は乾燥しやすくなります。

温度差による水分子の移動は家庭用冷凍庫の温度程度(-18℃)では止められません。そのため肉や魚は真空パックにしてから冷凍しておかなければ冷凍焼けと脂質の酸化を起こして食べられなくなってしまいます。

冷凍保存が多い家庭では真空パック器が重宝されます。

食材の保存方法は?

冷蔵庫保存にはコツがいります。

食材は適切な梱包をしてから保存します。たとえば、肉や魚は保存袋の空気を抜くようにして保存すれば長持ちしますし、野菜や果物は新聞紙に包んでからビニール袋に入れて保存すれば長持ちするようになります。

保存方法保存方法の意図
肉や魚は空気を遮断する乾燥と酸化を防ぐため
野菜や果物は二重梱包する湿度を保ちつつ水滴を防ぐため

これらの一手間の効果は絶大です。

たとえば、野菜や果物を販売されているビニール袋のまま冷蔵庫に入れてしまうと、水滴により傷んでしまいます。しかし、新聞紙に包んでからビニール袋に入れて保存することで驚くほどに日持ちするようになります。

ちょっとしたひと手間ですが効果は絶大です。

【まとめ】冷蔵庫が乾燥する理由は?

冷蔵庫や冷凍庫は湿度の低下と温度差による水分子の移動により乾燥しやすい環境になっています。肉や魚の乾燥を防ぐには空気を遮断して保存します。竜田揚げなどの場合には、下味をつけて冷凍してもOKです。野菜の乾燥を防ぐには新聞紙で包んでからビニール袋に入れることで乾燥を防ぎつつも水滴による腐敗を防ぐことができます。

コメントを残す