鉄フライパンの外側の焦げ付きの落とし方は? 酸性洗剤と金たわしについて

鉄フライパンの外側の焦げを落とすには?

鉄フライパンの外側には汚れが焦げ付きます。

フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンとは違い洗浄後に火にかけて水分を飛ばしますので、外側に付着していた油分が焼き付けられて頑固な油汚れとして蓄積していってしまうためです。

そのため、定期的な外側の掃除が必要になってきます。

外側に油汚れが焼き付く理由は?

外側に油汚れが焼き付く理由は?

鉄フライパンは外側に汚れが焼き付きます。

鉄フライパンは「油返しをする」「竹ささらで洗って繰り返し使用する」「洗剤を使わないことが多い」「火にかけて乾燥させる」などの理由から外側に頑固な油汚れが焼き付きやすいフライパンであるといえます。

そのため、フッ素樹脂加工のフライパン以上に手入れが必要です。

そのままでも使用することはできますが、あまりにも焦げ付き汚れが蓄積されてしまうと熱効率(熱伝導率や比熱など)が悪くなるために料理の出来に悪い影響を与えてしまうことがあります。

料理をする以上、掃除は欠かせません。

焼き付いた汚れを落とすには?

焼き付いた汚れを落とすには?

外側の汚れは厄介です。

焼き付けられた汚れは食器洗い用の洗剤(弱アルカリ性の洗剤)だけでは落ちませんので、軽度であればアルカリ性の洗剤と研磨剤、重度であれば酸性の洗剤と研磨剤などを使って落としていくことになります。

また、あまりにもひどい場合には焼き切った方が良いこともあります。

軽度の汚れにはアルカリ性洗剤?

軽度の汚れにはアルカリ性洗剤?

はじめはアルカリ性の洗剤で様子を見ます。

鉄フライパンの外側につく汚れの多くは「油が酸化重合した汚れ(と水アカ汚れ)」ですので、アルカリ性の洗剤で落とせる可能性があります。そこで、まずはラップを丸めて台所用洗剤と重曹を1:1~2で混合した洗剤でこすり洗いをします。

軽度であればこれで落ちます。

それでも落ちなければマジックリン(アルカリ性洗剤)を吹き付けてからキッチンペーパーとラップで湿布をしたのちに、クレンザーを使って丸めたラップ(もしくは丸めたアルミホイル)でこすり洗いをします。

定期的に掃除をしている場合にはここまでで落ちるはずです。

重度の汚れには酸性洗剤?

汚れがひどい場合には酸性洗剤を使います。

あまりにも油汚れが厚く蓄積してしまっている場合にはスクレーパーなどを使って削り落とします。持ち手とのつなぎ目(リベットの部分)などにはスチールブラシを使って汚れをかき出すようにして落とします。

ここまでしてから洗剤を使います。

STEP.1
おすすめの酸性洗剤はルック?
おすすめの酸性洗剤はルック?

酸性洗剤にはルック(ライオンのトイレ用洗剤)をおすすめします。酸性洗剤というとサンポールが有名かと思いますが、サンポールの有効成分は塩酸、ルックの有効成分はスルファミン酸です。塩酸はフライパンを痛めてしまうか可能性が高いためにおすすめしていません。

STEP.2
洗剤を塗りつけます
洗剤を塗りつけます

鉄フライパンの裏側に酸性洗剤(ルック)の原液を塗りつけます。まんべんなく洗剤を行き届けることがポイントになりますので、古歯ブラシなどを使うと作業しやすいかと思います。

STEP.3
ペーパーとラップで湿布します
ペーパーとラップで湿布します

キッチンペーパーを密着させてからラップをして乾燥を防ぎます。キッチンペーパーが密着しない場合には洗剤を足します。軽度であれば5分ほどで落ちるようになりますが、一晩ほど置かなければ効果がない場合が大半です。

STEP.4
金たわしでこすり落とします
金たわしでこすり落とします

キッチンペーパーとラップを外して金たわしでこすります。焼き付いていた焦げ付き汚れが黒い塊となってポロポロと落ちるはずです。大方の汚れを落とせましたら丸めたラップ(もしくはアルミホイル)とクレンザーを使います。つなぎ目(リベットの部分)にはスチールブラシを使います。

STEP.5
ていねいに洗って乾かします
ていねいに洗って乾かします

汚れを落とせましたら入念に水洗いをして洗剤を落とします。酸性洗剤は鉄フライパンを腐食させますので入念に洗い流してから台所用洗剤を使って洗います。洗い終えましたら火にかけて乾かします。

以上が汚れのひどい場合の掃除方法です。

掃除をする場合(特に酸性洗剤を使う場合)には必ず「手袋、眼鏡、マスクなど」をつけてください。家庭用の洗剤だと安易に考えてしまう方も少なくありませんが、洗剤(特に酸性洗剤)は想像以上に危険なものです。

事故を起こさないためにも保護具は必須だと考えてください。

鉄フライパンには洗剤を使わない?

鉄フライパンは洗剤で洗えます。

「鉄フライパンを洗剤で洗ってはいけない」と聞くこともあるかと思いますが、実際には洗剤で洗っても何の問題もありません。むしろ外側(裏側)に油が付着してしまった場合などには積極的に使うべきです。

鉄フライパンの油膜は食器洗い洗剤程度では落ちません。

油膜は油が酸化重合して樹脂層(ポリマー層)となったものですので、中性や弱アルカリ性の食器洗い洗剤で洗ったくらいではビクともしません。油膜の保護を考える場合、怖いのは食器洗い洗剤よりも酸性食材(トマトやコーラなど)になります。

鉄フライパンは定期的に洗剤で洗うことをおすすめします。

【まとめ】外側の焦げ付きの落とし方は?

鉄フライパンの外側には落としにくい汚れがつきます。汚れの正体は「油汚れと水あかが焼き付いたもの」ですので、物理的な洗浄方法と化学的な洗浄方法をうまく組み合わせて利用しなければ落とせません。軽度であればアルカリ性洗剤とクレンザー、重度であれば酸性洗剤と金たわし(もしくはクレンザー)を使って落としていくのがセオリーとなります。

コメントを残す